ホーム > ビジネス > 食べ物の恨みからの家出

食べ物の恨みからの家出

私は、兄弟が多いというのが、本当に嫌だった。その上、貧しい生活。給料日には、お米さえなくなり、父親が給料をもって帰ってくるまで、夕飯が食べられない。帰宅が遅いと、お腹を空かせて待ち続ける。おやつもその一つ。1袋のおやつを4人の兄弟で分ける。かなり、少しずつになる。帰宅が遅くなると、残ってなかったりする。 そんな毎日。ある夜、寝ていたがトイレに行きたくなり、起きると、台所の片隅で、母がマーブルチョコを一人で食べていた。この時本気で家出したいと思った。今なら、たいした事ないが、その時の私には、母のその行動は許せなかったんだと思う。 家出人捜索願い岡山

関連記事

  1. 匂いを良くするジェル

    ワキガの匂いを良くするジェルについて紹介します。腋臭の匂いを治すための体験記です...

  2. 自分はいいけど人は駄目という母

    目の前を裸で行ったり、来たりする母親を見ていると、家出をしたくなります。「裸で通...

  3. 食べ物の恨みからの家出

    私は、兄弟が多いというのが、本当に嫌だった。その上、貧しい生活。給料日には、お米...

  4. テスト

    テスト記事です。...