Top > 風景 > パソコンの前で

パソコンの前で

現実にパソコンのディスプレイの前で、絶えず上がったり下がったりしている相場を見るとどことなく取引をしたいという衝動に駆られる方も少なくないだろう。

 

だけど、なんとなく考えでトレードすることは、間違ってもしてはいけません分かっていると思いますが、外国為替相場は四六時中、為替市場が開かれているしレートもいつでも上がったり下がったりします。

 

とは言っても、立て続けに取引を繰り返していると、その回数分だけ損をする可能性が高くなってしまいます。

http://blog.livedoor.jp/myokomiyoko/

無論、取引の回数を経験することによって、結果的に勝利する確率か半々に近づくのは事実です。

 

けれどもその事は「漠然とした思いつきで取引」してしまうこととは別の話だ。

 

エントリー回数を積むとは、自ずから「ここで勝負」と思いついたチャンスを持った状況でのエントリー回数を積むという事を意味します。

 

理由がなく、連続して注文を積み重ねるのとは大きく異なります。

 

市場の勝負に敗北しないためには自ら深く考えてけじめをつけることが大切です。

 

「ここがチャンス」と思えた市場の時には思い切って保持ポジションを買い増して、積極的に利益を狙います。

 

「少し分かりにくい市場でどう上下するのかわからないな」と感じた時は、思い切って保持ポジションをクローズして静観します。

 

それくらいのメリハリをつける方が最終的には売買は勝利します。

 

市場の格言には「休むも相場」という言葉があります。

 

まったく言葉どおりだと思います。

 

外国為替相場とは、常に売買ポジションを所有する事が大事ではなくどれも保持せずじっと見ていることもまた、外国為替相場です。

 

それならば、どういった時に休むといいのでしょうか。

 

最初に言われるのが先述した通り、直近のマーケットが明確に判断できない時です。

 

ここから高くなるのか安くなるのかわからないような時は、思いつきで行動すると、作った物語とは逆方向に相場が変化してしまい、損する事になってしまいます。

 

こんなケースではポジションを諦め静観しているのが唯一出来る事です。

 

もうひとつの場面は、己の体の調子が思わしくない時です。

 

体調と外国為替相場に関係ないと考える投資家もいるでしょうがかなり関係があります。

 

体の調子がよくなければ、為替相場の大事な状況で落ち着いた決定をする事ができない。

 

気分が進まない時は市場から距離を置くことも重要な事です。

 

風景

関連エントリー
パソコンの前でスプレッドの幅が狭いか広いかパソコンの前で売値の方が安価全ての財産を手放すパソコンの前で
カテゴリー
更新履歴
ノイですがス(2019年6月 7日)
アテを活用すニア(2019年6月 7日)
ファン件のメリケル(2019年6月 7日)
トリ埋まれ毛にな器(2019年5月25日)
妊徐々に取れていきーム(2019年5月20日)